白と緑が好き

トロフィーをメインにフィギュアの購入報告とアニメの視聴報告も少々なブログ

(PS3)(XB360)エンドオブエタニティ -2 もしかしてこれって…RPGじゃない?

パズルゲーム?いやほんと、RPG感が全然無いというか通常のRPGの価値観のままプレイを続けると納得できないことだらけでストレス全開。けど「これはパズルゲームだ」と言い聞かせてプレイすると…、なんか楽しい…。武器の種類が少なすぎて地味とか必殺技がないとかいくらゲームといえども絶対納得できないスクラッチとダイレクトの関係とかRAの使用条件が意味不明とかは全て的外れな意見。これはパズルゲームですから。テトリスとかぷよぷよに対して「非現実的な挙動だからクソゲー」と言うようなもの。現実の事は忘れてひたすら超独創的なシステムを楽しむ、そんなゲーム。
現在3章まで来た。未だシステムについては不明な部分が多いけどなんとかなってる。しかしこれ、完全にマニア層に向けてしか作られてないよね。ライトどころか中間層にすら徹底的に突き放した仕様には恐れ入る。もし小学生の時にこのゲームを買ってしまったらトラウマになると思うしw。しかしこんなゲームにOKだしてセガ大丈夫か?と心配になった。そしてこんなものを作り出したトライエースの変態っぷりに改めて心酔。次回作もなんらかの動きはあるみたいなので期待します。インアン>SO4>EoEの流れは盛り上がったけど性急過ぎてたと思うのでVP2>インアン程度にゆっくりしていってもついていきますよ。