白と緑が好き

トロフィーをメインにフィギュア、アニメ、資産運用も少々なブログ

インフィニットアンディスカバリー -5 ダラダラとプレイ

二週目進行中だけど特に目から鱗が落ちるような面白さの新発見があるわけでもなく。また、アイテムコンプ実績のためにサブイベントをコンプしての進行のためテンポは一週目よりも悪化。一応本編進行用の金稼ぎは終了したのでこれからはそれなりにテンポがよくなるかと思うが、終盤には上位ランクICのロード地獄が待っているのであった。それとこのゲームでも連射パッドは必須だね。金策とICレベル上げのために放置が必須なので。あれを全部手動でやるなんてやってらんないですよ。まあ実際は放置でも面倒なのだが。まだキリヤ・フリストフォール・セラフィマが残ってるんだよね、はぁ…
それとこのゲームがどうにも盛り上がらないのはやっぱりBGMの質が悪いのも大きい。洋ゲー的な気の抜けた「なんか音が鳴ってる」レベルのBGM。これじゃサントラなんか買う気になりませんわ。この後のSO4・EOEでは熱い曲が作れたんだから桜庭の才能が枯れたわけでは無いと思う。もしかしたら海外意識してわざと手を抜いたのか?と邪推したくもなる。
ある程度はゲームの全貌を掴んだのでちょいレビュー。BGMは気が抜けている、キャラグラはキモイ、世界観は薄い(本当に薄い、とても設定資料集なんかは出せないレベル。最近VPの設定資料集を読み返して見たけど比較するのもおこがましい。)、テンポは悪い、サブイベントの発生フラグがノーヒント過ぎて笑える、同行者(笑)。
シナリオはプロ(笑)にまかせました!というのが信じられないレベルで酷い。世界観が薄いから仕方ないのかもしれんが。が、敵側の魅力の無さは凄いと思う。全員プレイヤー側が殺すのに抵抗の無い屑集団とかなんか新鮮。大義とか悪の魅力なんて一切無しの純度100%の屑共。最後にちょっとだけお涙頂戴があるけどもうめんどくさいから死ねって気分にさせてくれる。そしてあのラスボスである。日本人の考える気持ちの悪いマッチョキャラの王道を行くとか何がしたいのか?
バランスは…、ベリハ前なのでまだ保留で。けどリアルタイム戦闘なので戦況を把握できずにいきなり死んだりしてしまうのがいやかもしれない。FF12でもDA:Oでもあったことだからこれは仕方無いことなのか。けど実績バランスは好きかも。お試しのノーマル一週目、極めデータ作成でじっくりプレイのハード二週目、いかに効率良くイセリア撃破まで進めるかが問われるベリハ三週目。こういう無駄の無い配置、好きです。
いろいろと批判しっぱなしだけどそんなインアンにも問答無用で褒められる点があった。それは声優。つまり松井菜桜子天野由梨は最強なのです。この二人が演じるスバル・セラフィマ・サランダ・双子ママが出るシーンだけは二週目でも飛ばさないよ!っていうかそれだけが目当てだよ!が、プレイヤーキャラではないので結局文句は出るわけですが。明らかに非戦闘キャラのスバルは諦めがつくけどセラフィマは同行者(笑)システムさえ無ければと思うと…。ほんと、セラフィマを使えれば救われた人はいっぱいいると思うんですが。終盤、女子供はすっこんでろ!ガチムチ脳筋こそが正義!なバランスになるけどそれでも飾りとして加入させたくなる魅力はあるキャラなんですよ。