白と緑が好き

トロフィーをメインにフィギュア、アニメ、資産運用も少々なブログ

アガレスト戦記ZERO -9 終わりが見えてきた

ZEROの隠しと前作の本編も終わり、残すはレベル800オーバー軍団のみとなった。装備も整ったのでここから先は純粋に戦闘のみとなる。果たして主人公軍団未投入で最後までいけるかどうか…。って、そう心配は無さそうだが。現行のパーティ、趣味強めだけどなんか強いです。なんかいけそう。アリス・リンダ・紗弥音・シャルニーニ・プラム・ミュルミナだけどルアナから紗弥音に変わった後大きく戦力アップした気がする。やっぱりスペシャルアーツ強いわ。ブレイク効率が単品EXとは全然違う。しかもこの組み合わせで二種類も撃てるんだよね。低威力の女神の吐息はそう出番が無いとはいえSPを上手く確保できなかった時用に保険があるというのは心強い。もちろんスターダストフォールの方は超性能!というか便利性能。解放系を持たないアリスと紗弥音がEX3で持ってるリンダがEX2担当というのが実に気が利いてる。初段にブレイク目的で撃っておいてブレイク後に底力発動状態のリンダEX3を撃てるのが実においしい感じ。まあダメージ目的であればシャルニーニだけで間に合ってるような気もするからどうでもいいのかもしれないが。…なんなんだろうねこの超火力。
しかし紗弥音、強いな。一見弱キャラっぽいのに使うと凄く活躍してくれる。というか梵天丸の性能を一番引き出せるのって紗弥音なのかもしれない。ジークやレオニスだとEXが混合型になるからMAG0の梵天丸を使うのはなんかもったいない。シェルファニールだと壁役なのに光スロット無しになってしまうから安定感が落ちる。アルベルティとベアトリスも光を持ってないから攻撃のみになってしまう。けど光持ちの紗弥音は攻撃も回復も出来てしまう。これは凄く助かる。というか第一世代嫁は全員強いわ。やっぱり発売前での露出が多くなるキャラは強めに調整してあるのかね。