白と緑が好き

トロフィーをメインにフィギュアの購入報告とアニメの視聴報告も少々なブログ

個人的実績分類法-2

個別の解説とか
・複数本体の複数ゴールドタグによる擬似オンライン
正直ここまでやる人は必死過ぎるでしょ…jk
が、ここまでやってこそ究極の実績厨、といえなくもない。
一般の方はフレを作って一緒にやりましょう。
談合推奨実績はフレを作るのもプレイ内容の内ですよ?
・ステージクリア
殆どの実績がこれにあたる。
昔はゲームクリアするだけでコンプなんてもザラにあったが最近は絶滅危惧種
アクション系ではこれに「条件付き行動」をプラスして解除項目を増やしているものが多い。
・ランキング入賞
極めて難易度の高い実績の一つ。
解除要素に「運」、「期間限定」、「トッププレイヤー」、「廃人」等、引いてしまうキーワードが並ぶ。
また、あまりに過疎っているゲームだと人数が揃わず解除不能、なんてことも。
群を抜く解除難易度の為ランキング要素があるゲームでも採用される例が少ないのが救い。
・収集
何かを集める。
箱庭系やRPGに多し。
計画的にやらないとどこで何を取り損ねたか把握できず二週目した方が早かったり、二度と取れない物を確取り損ねて二週目確定の場合もある。
・累積
何かの数字を一定以上にする。
これはゲーム全体を通しての数字であって「ワンプレイでスコアが一定以上」、というのは「ステージクリア+条件付き行動」にあたる。
極めて作業要素が強いジャンルの為、ガチの廃人でないと解除不能のものもしばしば。
だが、一部の実績には人の手を介さず放置できるものがある。
電気代の無駄…と思いつつも利用できるものは利用してしまおう。
・条件付き行動
「ステージクリア」を難易度別に行うのがメジャー。
他には特定のアイテムを使わない、ノーコンティニュー、ノーダメージなんかも多め。
ゲームにもよるがノーダメージクリアは大抵の場合鬼実績となる。
・特殊行動
通常のプレイではまずしない行動(クリアに関係の無い行動)を取る。
箱庭系に多めで解除法さえ調べれば簡単な部類に入る。
・周辺機器購入
パッドを買ったりカメラを買ったり…
カメラの方はrainbow six vegasシリーズが有名。
これってソフト以外の出費が必要なので実績のガイドラインに抵触しないの?と、いつも疑問に思っております。