白と緑が好き

トロフィーをメインにフィギュア、アニメ、資産運用も少々なブログ

ライトゲーマー兼ガチ腐同人絵師(同人誌出版経験有り)姉貴と会ってきて、翌日お断られた話

これは厳しい、本当に厳しい。あまりにも厳しい結果に遂に体重が47kg台に一瞬踏み込んだ程だ。これでは筋トレで鍛えてきた体力ももう限界ということで、とりあえず7月は体力回復に専念するとする。50kg台に回復してから再チャレンジだ。

 

姉貴のスペックについて(10段階評価)

・年齢34

外見はマイナス10歳にしか見えない。化粧で加工できる顔ではなく腕と足のハリで判断するとこういう評価になる。

・高卒

・事務員

・容姿8

テレビに十分だせるレベル。何故こんな人が田舎の事務員をやっているのだ?ファッションセンスも良く、隙は無い。

f:id:ReSophi:20180704094242j:plain

f:id:ReSophi:20180704094256j:plain

有名な腐女子の理想と現実を描いた絵だが、理想が現実になってしまっている。…バグかな?

・体力7

健康面に問題は見当たらない。痩せ過ぎでもなく太りすぎでもない模範体型を維持。

・資産3

収入は少なめだし、実家もギリギリ中流

・気配り9

神対応。一流ホステスってこうなのか?行ったこと無いからわからないけど。食事も頑として別会計にするとかどうなってんのこれ…。会話中や車内でのスマホ操作回数は当然ゼロ。

・積極性7

趣味が近いこともありネタの提供には苦労しない関係だったとはいえ、積極的にネタ出ししてくれた。沈黙時間?そんなものは皆無。

・知性3

・教養3

この2つは学歴に正比例。仕方ない。

 

一般的な男が女に求める要素をすべて高水準で満たしている。知性と教養が足りないのもむしろそこをプラス評価とする者も多いだろう。唯一の問題は実年齢だが、いくらでもサバが読める異常な容姿なので最終的には別にいいじゃん、と納得してしまうのでは?それ程に強い。

とはいえ健全ノンケ兄貴達にとっては

腐女子

というのが引っかかるかもしれない。本人もそれをかなり気にしていたので。自分は全然構わないのでそれを伝えたら会う前のメッセージのやり取りでも凄くいい流れだった。なのに何故こんなことに…。

 

敗因分析?としては

・家柄の違い

家族の話になったので弟・父・祖父のことを話したら非常に引かれてた気がする。自分としてはこういう凄めな人達からも自分みたいにしょうもないのが発生するから出自なんて大したこと無いよー、出産ガチャの運ゲーだよー、と言いたかったのだけれど、そうは受け取ってもらえなかったみたいだ。

 

・ファッションセンスの無さ、というかセンスの違い

どうも姉貴は男には落ち着いた色でまとめて欲しかった様なのに、明るめなので行ってしまった。こういうのは事前確認無しだと運ゲーになるので前もって好みを聞いておくべきだった。

けど、車の色(黄色)はもうどうしようもないよなあ…。もう一台暗めな色の車を買い足す?それはちょっと…。あ、レンタカーという手もあるか…。

 

・相手の理解力と世界観と語彙力を超えた会話をしてしまった

これは絶対に守らなければならないことだったんだけど、姉貴のあまりにも高い気遣いに甘えてやってしまった。気遣いは高くても知性と教養は低い、これに合わせなければいけなかった。メッセージでは自分のペースで読み進めれるから問題が表面化しなかったんだろうけど、対峙しての会話ではリアルタイム戦闘だから能力差がモロに出る。凄く苦痛だったと思う。悪いことをした。

自分もかつて同級生の中国系ユダヤ教徒転校生兄貴に対して圧倒されてこんな畏敬の念を覚えたことがある。その時の感情を忘れてはいけない。

 

・食事制限の多さがバレた

食事制限というのは思った以上に壁を作る。友人・恋愛関係を作るに当たりこれは致命的。これからは無理矢理な理由でもいいから隠し通すべきだ。もう後戻り困難な所まで言ったら白状すればいい。別に実務的に問題があるわけではないのだから、そこまで情が入ればきっと理解してくれる…、筈。

そういえばかつてのリアル友人達との縁を全て切ったのはこの食事制限だったことを思い出した。一緒に食事を囲むことができない。これはまだ子供だったから疎外感が発生するからだと思い込んでいたが、いくつになっても変わらなかったようだ。

 

 

自分にはどうしようもできない姉貴側の問題としては

・職場環境の悪さ

同じ部署の女性同僚は6人いて姉貴がその中で最年少。既婚者は1人、離婚経験者は1人。…はっきりいって結婚への圧力がかかる環境ではない。それどころか未婚者のままでいいじゃないか?という思いが出てきやすい危険な環境。更に部署内での関係は良いと言う。このぬるま湯環境を壊してまで結婚する気が出るかというと、それは難しいだろう。

特に40歳(結婚願望ゼロ)の先輩と仲が良く、ことあるごとに楽しそうに話してくれた。冷静に考えるとこの二人の仲に割って入るのは無理だよなあ…、という気もする。腐女子友達もいて楽しくやっているし、生活も贅沢は出来ないが特に問題も無い。リターンも大きいとはいえ、リスクを取って新生活を始める気などそうそう起きないだろう。つまり、(すっぱい葡萄的な言い訳になるが)最初からクリア不能案件だったのではないかと。姉貴本人も婚活はガツガツやらずマターリやってます、と言っていたからね。すっぱい葡萄だったというのもそう間違いではないのではないか?

実際に婚活をやったことを無い人にとってはわざわざ有料で活動している人が実はやる気無いとか信じられないだろうけど結構いるんです。そりゃ、お断りの口実や論破されたときの負け惜しみとして最初から本気じゃなかったしー、と言っているのかも知れないけど、状況証拠を集めていくとそうとしか思えない答えに辿り着く人がかなり多い。まったく、婚活情勢は複雑怪奇なり。

 

 

さて、現在進行中の次なる相手は33歳大卒身長170cmウェイトレス姉貴か…。かなり塩対応っぽい感じだが、どう出るか…。

 

わし:あっ、そうだ。おい、26歳院卒弁護士姉貴。さっき俺のプロフィールチラチラ見てただろ?

弁護士姉貴:いや見てないですよ…。

わし:嘘つけ4回見てたゾ。話したけりゃいいね!返すんだよ。おう、あくしろよ。

 

なんか最強性能な姉貴にチラチラ見られてしまったわけですが、これはどういうことなんですかね…。これまで複数回足跡を残す人なんてそうそういなかったからついつい期待してしまうのが辛い。常識的に考えれば最強性能(容姿だけは…、普通だな!)姉貴に相手されるわけはないんだからわざわざ意識して精神消耗してはいけない。(戒め)

って、もうこんなことより体重回復を優先しないと…。(BMI17.59)