白と緑が好き

トロフィーをメインにフィギュア、アニメ、資産運用も少々なブログ

18年5月の測定結果

f:id:ReSophi:20180527060851j:plain

f:id:ReSophi:20180527060859j:plain

 

前回の結果

やったわ

 

前回の悪い結果を帳消しにして遂に隠れ肥満エリアを脱出し、見た目通りの細めエリアに移行できた。筋トレやっているのだからガリガリではなく筋肉で太くなるのがゴールなんじゃないの?と思われるだろうが、別になりたくないしそういうのは体質的に無理です。筋トレ系サプリが本当に全部ダメだったので絶対に無理無理。このまま筋肉量はそこそこで脂肪を削ぎ落としていく方針で行きます。一時は諦めかけていた体脂肪率14%という目標も再び意識できる程にモチベーションも回復してきたのでこの調子でイクゾー。

 

別に意識していなかったのに改善された点として左右バランスの均衡が取れてきたというのがある。これまでは利き腕ではない左側の筋肉量が少なかったのだがそれが同量(?)と判別されるレベルまで整ってきた。均衡が取れたところで特に変化は見られないが、取れているにこしたことはないので喜んでおこう。

 

測定時の体重が49.9kgとギリギリ40台だが、ジムでの測定時ではもちろんトレーニングウェア着用状態での測定なので全裸で測定した出発前の自宅の体重系では49.6kgだった。この前に異常に減ってしまった時は49.2kgだったのである程度は回復できたのだが、それでも40台ということで危険領域には違いない。なので早急に51~52kg 間で安定させないといけないのだが…、実の所40台でも動けてしまうのでそれ程危機感が無い。これまでは40台の場合は明らかにフラフラで筋トレどころか外出も疲れが出やすかったが、今回はむしろ軽さを感じて動きやすくなっているというか…。脂肪が筋肉に置き換わるとこうなるんだ、ということをよく実感できた。とはいえこれだけの低体重ではこれ以上の筋肉増量は難しいし、低体重故の虚弱性もでてくるからやはり40台のままではマズイというのは理解している。なんとかしないといけない…。

 

今回は本当によく頑張ったのだが、その副作用みたいなものも発生した。それは食事に喜びを感じにくくなったこと。これまでも食べるの大好き!という感じではなかったが、食事というものに対してそれなりに肯定的な感情は持てていた。しかし現在は…、「仕方なくする栄養補給」という感じでそこには喜びなど無い。筋肉の維持成長に良さそうな物、食べても胃腸や皮膚が悪化しない物、をただ詰め込むだけ、そんな感じになっている。一般人は美食が最も共感しやすい娯楽の一つになっているのに、それに関しての興味が大きく減退したということはまたひとつ一般人からかけ離れてしまったわけであり、もはや自分の社会性の欠落は行き着くところまで行ってしまった感はある。もっとも、これまでも厳しい食事制限で食事を通して親睦を深めるなんてことは殆ど出来なかったのだから大して変わらないか…。

とにかく、食事に対して「味」という要素を極めて軽視する様になってしまったので健康維持という観点からは素晴らしい状態ではある。その素晴らしい状態を妨害する他者からの同調圧力もまったく受けない立場にいるわけだし、本当に強いね自分。強すぎて誰もついていけんわ。

 

 

 

 

(日本中に蔓延する)同調圧力先輩ほんときらい。