白と緑が好き

トロフィーをメインにフィギュアとアニメも少々なブログ

2019年の冬アニメの感想と2019年の春アニメ視聴予定

楽しみながら完走…宇宙戦艦ヤマトの2期の後半、えんどろ~

どっちも良かった。ヤマトは人間ドラマ部分がくどいことも多かったけど、戦闘シーンが凄かったからどうでもいい。話の内容なんてどうでもいいのだ、綺麗な映像がながれていれば。(投げやり)

えんどろ~は本当に自分が求めていたアニメなんだけど、どうにも佳作過ぎて派手さがまったくない。ブームを起こす魅力は無いのだが、その地味さが正に自分好み。こういうのでいいんだよ、こういうので。

 

クソパクリアニメだけど完走…ぱすてるメモリー

そびえ立つクソアニメ!

本当にクソなので今後誰にも話題にされずにひっそりと消えて、どうぞ。

2話のごちうさパクリを許可を取らずに作ってしまって放映後にお蔵入りになったのは草。

 

普通につまらないアニメなのに完走…荒野のコトブキ飛行隊

早めに切っておくべきだったのだけど、つまらなさに惹かれてしまってズルズル見続けてしまった。本当につまらないので特に言うことは無いです。あえて言うならキャラが全員不快、ってことぐらい。

 

1話切り…けもフレ2、ケムリクサ

ケムリクサは凄い名作らしい…。いつかは見ておくべきなのだろうか?一応録画は残してある。

けもフレ2は場外乱闘でお腹いっぱい。見たところで1期の思い出が台無しになるだけだからもう消しました。

 

 

現在視聴中の春アニメについて

 

今期は仙狐さん一本のみ。当初は久しぶりの0本になる予定だったのだけど、なんとなくこれが目に付いてしまったので見てます。1話を見た限り相当なレベルで中身の無い内容っぽい。だが、それがいい

 

春アニメは控えめに行くけど、夏アニメには大本命である手品先輩が来るのでそれまでの充電期間としておきます。その気が湧いたらケムリクサをみるのもいいかもね。

 

 

夏の覇権確定(大嘘)

2018年の秋アニメの感想と2019年の冬アニメ視聴予定

書くのが遅れてしまった…。それもこれも婚活が地獄過ぎるからである。このブログの本業であるゲームも最近はまったくできず、アイデンティティ崩壊中。アニメはながら作業で視聴し続けているが、記事にする気力が湧かなかった。なのでこんなに放置してしまうことに。

 

楽しみながら完走…宇宙戦艦ヤマト2期の前半

面白い。戦闘シーン以外は冗長な気もするが、戦闘シーンが熱いので十分。後半もダレることなく放送後に即視聴できている。

 

2話切り…アニマエール

来る物が無かった。6話程度まで撮り貯めてしまったが、今後興味が湧くことはないだろうと判断し、削除。

 

0話切り…ツルネ

BL物を見るモチベーションは腐女子姉貴に話を合わせる為であるので、腐女子姉貴とのマッチングが発生しない以上無意味と判断。よって削除。

 

現在視聴中(?)の冬アニメについて

 

楽しみながら視聴中…宇宙戦艦ヤマト2期の後半、

えんどろ~(強調)

ヤマトは前半から引き続きなので置いといて、えんどろ~、は待望の自分向け作品!第一報からこの作品は自分向け!と確信していたが、予想は大当たり。正直、ごちうさに次ぐレベルで楽しんでいる。世間的にはあまり盛り上がりを見せていない作品だが、まあそれはいい。自分が楽しめればよかろうなのだッ!

好きなキャラは…、全員?嫌なキャラがおらず、それでいてどうでもいいキャラでもないという理想のバランス。いいゾ~これ。

 

視聴中…荒野のコトブキ飛行隊、ぱすてるメモリー

ガルパンの空戦版?と思って見始めたんだけど似ても似つかない代物だった。メカ描写は凄いと思うが、シリアス過ぎて軽くは楽しめなさそう。

リアリティ描写もなあ…。なんで主人公一味があんなに強いのかわからないし、被弾即撃墜で脱出描写も無いから乗員死亡率高すぎ。なので2話までの感想としてはモブのおっさんが死にまくるアニメになっている。まあ、メカ戦闘物は主人公一味は不自然に全員生存が基本だからそこにツッコンでも意味は無いけどね。

重要な事として主人公一味に魅力は感じない。これはかなり痛いがメカ描写が気になるので視聴継続します。

 

 

注意!クソアニメ枠です!

まるで20年前のアニメの様な古いセンスとクソ作画にパクリネタまみれのどうしようもないアニメ。クソアニメ好き以外は決して視聴してはいけない。(戒め)

けど、クソアニメ好きだから見ちゃう…。2話と3話でごちうさとローゼンのパクリをやってくれたのだから掴みは最高なんだよなあ…。今後、自分の知らない作品がパクリ元になって続いたらテンション落ちるだろうけど、なんとなく完走まで行けそうな気はする。

 

視聴継続可能?…けもフレ2、ケムリクサ

放映前はこの2作品の対決が最大の話題だったのだが、いざ放映されるとなんだかなあ…、って感じ。現状、けもフレ2は1話の半分、ケムリクサは1話の時点で放置中になっている。何故か見る意欲がわかないんだよなあ。

一応、ケムリクサには理由がある。それは男キャラの声が不快。声優変更は必須としても、そもそもああいう誰も得しないタイプの男キャラを出すのは00年代っぽいセンスなので古さが厳しい。

けもフレ2の理由は不明。理由がわからないだけあってこちらの方が重症か?今後世間で話題になれば食いつくかも。

とりあえずどちらも撮り貯め継続中。

 

金のかかったクッキー☆枠…バーチャルさんはみている

クッキー☆なので真剣に見ては駄目。ながら作業で音声だけ垂れ流していればいんじゃない?それすらも苦痛なのが問題なのだが…。

 

 

…あれ?今期意外と豊作じゃない?

2018年の夏アニメの感想と2018年の秋アニメ視聴予定

楽しみながら完走…邪神ちゃんドロップキック

当初はチェックしておらず、1話目を見逃してしまったのだが、一瞬ネットでこのアニメの存在を知り2話目から見てみたら大当たり。これといって特筆すべき点は無いし、どう贔屓目に見ても一般受け大ヒットする要素は無いのだが、そこがマイナーアニメ好きには受けるのだろう。

あえて魅力を挙げると…、00年代アニメっぽいレトロ感?あの頃の深夜アニメって感じが懐かしくてよかった。OPの電波ソングはあの時代を思いっきりリスペクトしているし、キャラデザもそれっぽい。あの時代を懐かしみたい方は是非見ておくべき。

 

あ、そうだ。(補足)

公式が6話までのあらすじをまとめておいてくれたから未見だけど興味のある方は見ておいてね。

 

f:id:ReSophi:20181012011027p:plain

当然わかっていると思うけどキャラの中ではぺこらが狂おしいほどすき。出番もそこそこあって満足。

 

惰性で完走…Free! Dive to the Future

腐女子姉貴対策。とはいえ、シリーズ物なので知識ゼロで見続けるのは辛かった。とにかくキャラが多すぎて話が理解できないのである。ただでさえ旧キャラですら多すぎるのに、どんどん新キャラも出てくるので本当に手におえない。最終回ですら新キャラを出して思いっきり次回に続く…!をやられたのには閉口。主人公が昔の友達と和解して終わり、の時点で終わらせた方が思いっきりスッキリした終わり方だと思うのだが、意地でも物語を引き延ばしたいってことか。

内容はあらゆる腐女子のネタの素材庫。素材は用意しといたから後は好きに使っちゃってくださいねー、ってやつ。同年代だけでなくオッサンとショタもいるからあらゆる趣向の腐をカバー。やったぜ。

いないのは男の娘ぐらいである。けど、オネエはいるんだよなあ…。

流石にオケ専は無理やぞ。

 

真・クソアニメな為、怖いもの見たさで完走…千銃士

このご時世にヤバイレベルの作画崩壊を起こしているのにまったく世間の話題にならずに消えた真正の糞。作画崩壊アニメでもそれが話題になればある意味成功しているから本当の意味でのクソアニメではなくなると思う。だってそれを話題に楽しむことができるから。しかし、誰の話題にもならずにひっそりと作画崩壊したまま消えていくアニメはどうしようもない。こんな辺境の地でもの好きにネタにされて消えてゆくしかない。

内容はソシャゲアニメらしく俺たちの戦いはこれからだ!ENDで終了。誰もしっかりとした話の完結を期待していなかったと思うが、その予想通りとなった。

特筆すべき点は謎の男の娘押し。基本的に殆ど作画崩壊しているのだが、なぜか男の娘キャラが映る時は安定していたような気がする。それとフルサト、非戦闘員キャラかと思ったら十分戦えるベテランキャラだったんかい!これには驚き。

 

 

秋アニメについて

 

http://yamato2202.net/

宇宙戦艦ヤマト。1期目は何故か途中で放置してしまったが、銀河英雄伝説を完走して十分硬派アニメを視聴継続できることがわかったので2期目は挑戦してみる。1話を視聴済みだがかなりいい感じ。これなら楽しみながら完走できそう。

 

きらら枠。だが、特に明確な目標をもっていない日常系という感じでは無さそう?1話を見る限りでは普通のスポーツ物に見えなくもない。とりあえず、

ごちうさ

きんモザ

ゆゆ式

等とは違うだろう。

キャラ的には個人的にまったく華を感じないのでその目的での視聴継続は厳しい。そういうキャラがなくても継続できたゆゆ式みたいな哲学性があれば話は別だが…、難しそう。

 

今期の腐女子姉貴対策作品。Free!と違って新規作品なのでわけわからん、ということはなさそう。

しかし、NHKでホモォ…、でありますか。Free!みたいに常時上半身裸というわけでもないのであまり露骨なシーンは少ないと思われるが、どうなるか…。

2018年の春アニメの感想と2018年の夏アニメ視聴予定

楽しみながら完走…銀河英雄伝説

当初はこんな重くて固い作品を今さら見れるのか?という不安が大きかったが、見始めてしまうととても好みに合い、一切ダレることなく完走。とはいえ、TV放送枠内でキリのいいところまでやってくれずにブツ切り状態で続きは映画館で!とやってきたのには困惑不可避。原作からしてとても1クールでカタがつく話ではないのは理解しているが、この終わり方はどうなのか…。こんなことをされてはモチベーションが維持できないので、代わりに旧作を見なさいということか?まあ、旧作、見てみたいですけどね。見るものが無くなったら定額制サービスでも契約してみますか。

 

なお、僕の一番好きなキャラはやはり王道を往くオーベルシュタインですかね…。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm28256149

この動画(汚物注意)で初めて知った時から気になっていたけどええ参謀やこれは…。

 

惰性で完走…こみっくがーるず

惰性、本当に惰性。いわゆる作業用バックグラウンドアニメってやつです。内容やキャラには興味を惹かれないが、流していても不快感が無いとこういう扱いになる。

 

f:id:ReSophi:20180715015931p:plain

f:id:ReSophi:20180715015940j:plain

f:id:ReSophi:20180715015945j:plain

あえて好きなキャラというと…、怖浦すず?このキャラの出番の多い話は結構見入ってしまったかも。しかしサブキャラなので出番が少ないのが欠点。なーんでいつも自分がいいと思えるキャラはサブキャラなんですかねえ。こういうキャラをメインキャラに加えてくれよなー。(届かぬ思い)

 

4話切り…キューティハニー

あらゆる要素がガバガバのクソアニメ。視聴する価値無し。

 

 

夏アニメに関しては当初は全スルーする予定だったのだが…

 

千銃士。

当初はノーチェックだったのだが、偶然1話目を見てしまったら何故か当然の権利の如く男の娘キャラが多数出ていたので釣られてしまった。しかも男声優!ああ~、たまらねえぜ。女声優の男の娘キャラに違和感を感じるようになってきた(重症)者としてはありがたい配慮(?)だ。

 

f:id:ReSophi:20180715021332j:plain

中でも一押しはフルサト。高齢女装子(あえてこの呼び方をさせてもらう)とか色々とギリギリな気がするんだけど大丈夫か?…大丈夫じゃないんだよなあ。

戦闘向けのキャラではないので出番は少なそうだが、かといって稀にしか出番の無い完全サブキャラというわけでもなさそうなので今後の出番に期待。

 

アニメ自体の評価としてはキューティハニーよりはマシなレベルのクソガバアニメなので視聴価値など無いだろうが、笑える方向性のガバさなので意外と面白い。同じガバアニメでもキューティハニーはね、一切笑えなかったんよ…。

 

 

ガバアニメ上等!な千銃士とは違い、一応スジは通ってそうなアニメであるFree!を対比の意味も兼ねて見てみることにする。

とりあえず1話を見終えてみたが…、

「こんなのホモアニメじゃないわ!ただの男装オバサンだらけのレズアニメよ!」

男キャラばかりなのに一人も男がいない…。何を言っているのか、BL物を知らない人にとっては意味不明だろうけどこんな感じなのです。これまでBL物に関しては実態はレズ物というのは知っていたけど、真剣に現物を見たのは初めてなので今更ながら困惑。ああ、こういうノリなのね…。

困惑はしているものの、別に嫌悪感は無いし、なにより勉強(意味深)になるので是非とも完走したい。

 

f:id:ReSophi:20180715024248j:plain

美少女アニメは実質男ばっかりだし、美少年アニメも実質女ばっか。つまり二次元に傾倒しているやつらは全員ホモ。じゃあ三次元オンリーな連中なら大丈夫かというと深層心理的ホモや無性愛者が普通に混じっていたりして油断できない。真・ノンケはどこ…ここ…?

 

これまでネタとして乙女物やBL物を見ることはあったけど、今回は結構真面目に見る気がある。まあ、腐女子姉貴の影響なんですけどね。…まだ吹っ切れてないのか。(クソザコメンタル)

 

なお、次の相手も腐女子である可能性が微粒子レベルで存在してそうなんですがそれは…。

2018年の冬アニメの感想と2018年の春アニメ視聴予定

話題性だけなら今期における圧倒的覇権を獲得したポプテピピック。当然のことながら賛否両論だし、原作信者である自分にとっても中弛みする期間もあったが、最終回は綺麗に(?)しめてくれたので良しとします。

 

良くなかった点を挙げると

 

・品質にバラツキがあり過ぎるのに長編ということで尺が長いスペースネコカンパニー。1話のような原作に近い形で常時進行していってくれたのなら問題無かったのだが、ポプ子とピピ美が殆ど活躍しないオリジナル展開をやられると原作者との格の違いを痛感してしまうのが厳しい。それでも最終話はオリジナルとしては良かったのが救いか。

・再放送で変更点が無く「もう見た」状態のボブネミミッミ。最終回みたいに別の物が流れれば良かったのだが、これでは飛ばし不可避。というか最終回のスタイルである、「前半と後半に違うネタを1回づつ流す」でいいじゃない…。なんで2回分を変更無しで再放送でも流すのか、コレガワカラナイ。

 

良くなかったのはこれぐらいで他の要素については大満足。どれも原作の魅力を上手く再現 or 引き出している。そのなかであえて好きなのを上げると8bitとフランスですかね。8bitは原作を上手に昇華してくれたのとbiim兄貴ネタ、フランスは完全オリジナルでもしっかりポプ子とピピ美がメインなのでスペースネコカンパニーみたいなモブの出番なんか流すな!という不満が出なかったのが良かった。

 

 

アニメ(2期) | ウルトラ怪獣擬人化計画

まさかの最新話も有料配信。地上波では見れない地域なので視聴意欲はあったのに見れないまま終わってしまった。有料でネット配信を見る?そこまでの信者じゃないのでそれはちょっと…。

 

TVシリーズ クリアカード編 -カードキャプターさくら公式サイト-

録画はしてあるのだが一度も見ていない。もう、こういう正統派作品を見る意欲が沸かなくなってしまったのだろうか?現在も録画継続中なのでもしかしたらそのうち見たくなる時期が来るのかもしれないが、今の所そういう兆しはありません。

 

半分程見たのだが、ノンケ臭がキツ過ぎて視聴継続困難。やっぱ百合でないとキツいわ。(性癖告白)

ノンケ臭がキツいのは手品先輩も同様な筈なのだが、何故かあちらは問題無く読めるのが謎。手品先輩はだがしかしの類似品と言う人もいるけど、自分にとっては別物なんですよ。

 

 

春アニメに関しては、もちろんポプテピピックの様な絶対に見る!と決意させる力を持った作品は無いのでどれも完走できないと思うが、一応羅列。

 

ごちうさきんモザゆゆ式、以外は悉く完走できなかったきらら系だが、無謀にも再挑戦。視聴を決意させた理由は…、やはりキャラデザですかね?ごちうさの様な一目で即覇権とわかる強さは無いけれどそれなりに好きな絵柄なので。

 

作品名は知っているけど、どんな話なのかは全然知らないシリーズその1。それがアニメ化するのだから教養として一応見ておきますかね、そんな立ち位置。ガチガチに硬派な作品なので完走するのは完全に無謀に思えるが、逆に硬派度が突き抜けていれば意外と好きになれるのかもしれなかったり。いや、昔の話ですけどガサラキとか好きだったし、その頃の感性が生きていればもしかしたら…。

 

TVアニメ「Cutie Honey Universe」公式サイト

作品名(と主題歌)は知っているけど、どんな話なのかは全然知らないシリーズその2。これも教養として。

2018年の冬アニメの視聴予定

17年の秋アニメの感想はというと…。

 

うん、「また」なんだ。済まない。

 

ブレンドSは普通に0.5話切りにて終了。題材は同じなのに何故ごちうさの様なパワーがないのか、これもうわかりませんわね…。

シルバニアファミリーは特にネタ要素のない健全作品なのでツッコミどころがなく3話程度で退場。視聴基準において「ネタ」を最重要視する者にとってはああいう本物の健全作品には耐えられないのです。

 

アニメについては早々に見るものが無くなったのだが、その分クルマ番組を見るようになったのでテレビ視聴回数は上がっている。レーシングミク2017に釣られて見始めたスーパーGTプラスは既に自分の中で定番番組になってしまったし、その余波を受けてカーグラフィックTVも面白く感じ始めている。

 

クッソ富裕層のおっさん達がスポンサーに媚びずにクルマについて好き勝手に放言する長寿番組です。紹介されるのは現状では殆どがガソリン車なので内容的には本当に興味があるとは言い難いが、非常に静かで落ち着く番組なのでBGM代わりにはちょうどいい。

 

webの記事ではリーフの試乗記を出してくれたけどTVの方でもいつかやってくれませんかね?テスラやBMWのと比較されて叩かれるのを期待してます。けど流石にフォルクスワーゲンには勝てると思いますが。あの異常なボッタクリ価格&低性能はなんなんですかね…。

ところで自分のリーフの納車時期はどうなったって?当然の権利の様に来年1月に延期しましたけど?(諦観)

既に充電設備工事は終わっているのにどうしてくれんのこれ?(愛知クレーマー

 

 

で、18年の冬アニメです。

 

圧倒的大本命。ポプテピピックがあるから今期はアニメについては何の不安も無い。それなのにこれに加えて…

 

アニメ(2期) | ウルトラ怪獣擬人化計画

怪獣娘

 

TVシリーズ クリアカード編 -カードキャプターさくら公式サイト-

CCさくら

 

ショートアニメで完走しやすい怪獣娘はいいとしてもCCさくらの方はそれほどネタ重視ではないまっとうな作品なので完走については不安かもしれない。確かにかつては信者ではあったがあまりにも長い期間が空いてしまったのでもう信仰というものは殆ど残ってはいないのは否めない。思い出はそのままにしておいた方がいいのかもしれない。

 

だがしかし2期。上記3作品と比べて圧倒的に完走率が低いと思われるが一応チェックしてみる。1期の時はまったく監視対象にならなかったので内容については完全に未知であるが、今になってシュールな雰囲気に惹かれたので突撃。

 

こんなところでしょうか?今期は本当に久しぶりの豊作の予感がするので実にありがたい。

2017年の秋アニメ視聴予定

春は完走できたものが一つもなかったし、夏は見たいものが皆無というアニメと縁が切れた生活を送っていたが秋になって復活の兆しが。

 

 

きらら系で喫茶店モノ、これはごちうさフォロアーですねえ…、間違いない。なので一応見てみる。とはいえ完走できるかについては確率は低そう。まあ、キャラがね…。

それと声優の名前が徳井青空以外わからないです。女性声優の移り変わり早過ぎる…、早過ぎなくない?

 

 

 

シルバニアファミリーというクッソ懐かしい単語が含まれていたので見てみる。5分アニメなので完走に負担はかからないだろうし、それで何かネタになる要素が入っていたら儲け物。

けもフレみたいに5分アニメかな?と思わせといて30分アニメ、というサプライズが無かったのは残念。30分アニメだったら結構本気で秋アニメの大穴枠になれたかもね。

 

 

 

ガチのクソマンガ、買ったぜ。

本来ならば秋アニメだったのに手違いで冬アニメに延期されてしまったという曰くつきの作品。どうにも気になってしまったのでアニメ放映前に原作に手を出してみたら…、大正解。こういうクソ作品を求めていたんだよね。最近のアニメはクソアニメ率が低下していて困っていたけど、これで一安心。

内容に付いてだが全編パロネタオンリーで元ネタがわからなければ意味不明で困惑するだけ、というのが一般的な評価のようだが別に元ネタがわからなくても面白いと思うんだけどねえ。そんな風に許容できるのはクソアニメ愛好家だけなんでしょうか?

 

 

手品先輩(4) (ヤングマガジンコミックス)

手品先輩(4) (ヤングマガジンコミックス)

 

 こんな漫画がもう4巻まで来たのか。(呆れ)

しかし、4巻ってこれなら十分アニメ化できる量は貯まっているじゃないですか。これはもう今年中に発表ありますね…。(慢心)

と、そんな風に慢心していたら作者体調悪化により連載ペースが半減してしまったのですが。大丈夫かなあ、今後の展開…。

あ、4巻については3巻に引き続き即決の発売日買いでした。(信仰)