白と緑が好き

トロフィーをメインにフィギュアの購入報告とアニメの視聴報告も少々なブログ

13年夏アニメの感想と秋アニメの視聴計画

表記順は面白かった順です
ネプテューヌ
今期最高傑作(本気で言ってます)。最初から最後までダレずに見れた稀有なアニメだった。ギャグ・ネタ・萌え・燃え・シリアス、全てのバランスが良かった。このアニメについては誰得シリアスとか無いね。いいシリアスでした。それにこの作品程山場が頻繁に発生して盛り上がれる作品なんてそうそう無かったと思うのだが。妹達の変身・ナスコンヌ戦・イエローハート戦・レイ戦、どれもしっかり「オチ」ていて良い最終回だったよ。ヤマあり、オチあり、意味…、はあったのか微妙だがとにかく楽しかった。もちろん二期希望ですね。しかしその為には何らかのお布施をしないとねえ。ここはやっぱりゲームの方を買うしかないのか?勿論新品で。今回のアニメ化の目的からしてリバースの宣伝だったんだろうけど、流石にVITAは無理なのでまずはMK2から始めようかな?しかしここでも消化速度という問題が。アガレスト2→何かオンゲーを挟みたい→魔装3→ネプ?とりあえずこのロードマップは守りたいのだけれどそうしたら一体いつになるのか?という話。
②マイリトルポニー
なんで女児向けアニメをこんなに楽しく視聴しているんですか(困惑)。まあ、本元の北米では大きなお友達御用達だから、多少はね?
最初はミルキィの代用品として軽くチェックしてただけなのに今となっては正座待機する程毎週楽しみにしているとかこれはもうどういうことなんですかね?そしてこんな楽しい作品が最低後2クール残っているという嬉しい現実。やったわ。
③ミルキィ
なんとか完走レベル。特別楽しみにしていたわけではないが15分時間アニメなので軽く見れてた。実写パートは別腹だったのでダレなかったし。内容もまあ、時間同様薄かったが仕方ないよね。フェザーズも参加してのカオスアニメ回帰した4期を望みます。極めて無理そうですが。
④ブラコン
初見の8話をピークにどんどんつまらなくなっていった。いや、やってることが毎話変わらないんですもん。最終回に至っても何も進展が無いのには流石に呆然とした。こんなオチない話でいいのか?キャッキャッウフフの日常系ならいいけどこれって題名の通り「衝突」がテーマなんではないのか?なんというかヤマなし・オチなし・イミなし、を体言した様な作品だった(BL作品ではないけど)。けどオチをつける、という発想自体が男性的な思考だし、メイン視聴者の女性にはこれが良いのだろうとは思った。円盤の売り上げは今期上位レベル(7〜8ローゼン、と言ったところか?)だし、商業的には大勝利でしょ?今後もこんな感じで行けばいいと思います。春のうたプリ、夏のfree!、ブラコンといい、円盤を買い支える力があるのは乙女勢なんでその層を大事にしていくのがいいと思うよ。
ここからリタイア組
①わたモテ
10話でリタイア。8話のダメージが大きすぎて9話はなんとかついていけたけど10話はどうでもよくなってしまった。もともとはミルキィ成分の補充目的だったけど、それはMLPで完全に補充できる様になったのもリタイアした理由。
②ローゼン
前も書いたけど5話でリタイア。しかし今作、完全に「ローゼンはオワコン」ということを示しただけの作品だったね。初期までは原作派が賞賛していた本スレも中期になって懐疑派が増えてきて、円盤売り上げが出たタイミングでアンチ(旧アニメ派の残党か?)が優勢になってきて、後期に至っては原作派も原作再現がおかしいという理由からなのかアンチ化して、戦犯探しの葬式進行とか…。ああ、本当にローゼンは終わってしまったんだな…、と。しかし、いったい何が戦犯だったんだろうね?監督か?原作か?シリアスを拒絶する萌え豚視聴者か?
秋アニメ視聴予定
ミス・モノクローム
新規はこれだけです。後はMLPを継続のみ。15分アニメどころか5分アニメだが、相当なカオス成分が感じられるのでカオスアニメ好きとしては抑えておきたい。というかEndless Seventeenの時点で既に大草原不可避。