白と緑が好き

トロフィーをメインにフィギュアの購入報告とアニメの視聴報告も少々なブログ

ソウルキャリバーⅤ ナイトメアの起き攻め関連 全般解説

全体的な傾向としては受身が取れるタイプの技については即受身を取るべき。もっとも危険な技であるGSK[E]が横転では避けられないので。受身からのガード不能時間に攻撃が届くいわゆる受確については殆ど存在しないのでこの点については安心。だが、ダメージは取られなくともバースト値は削られるガード確定がナイトメア側の狙いなので脅威に変わりは無い。時計・反時計で受身を取った場合、例えば1P側では時計受身からの下段ガード、反時計受身からの上段ガードが多少シビアな点については一般的な知識として意識しておく。受身の取れない、つまり早くから横転やその場起き上がりができるタイプの技は割り込みやインパクト猶予のある場合がある。GSK[E]についても横転でやり過ごせる場合もあるが方向が限定される場合もあり、覚えておく必要がある。
☆起き攻めに使う技についての解説
・GSK[E]…最警戒技。これだけは絶対に回避しなければならない。当たってしまった場合中ダメージに加え凄まじい距離を運ばれリングアウトor壁コンボ、リング際でなくとも再起き攻めになる。回避できなくてもガードすれば二段目をしゃがんで反撃できるのでその点では安心。
・GSB…とりあえず出してバースト値を削っておく、という性質の技。ダウン中に当たってもGSK[E]みたいな被害は無いが万が一立ち状態で当たると最大被害になる。
・DHB…1Bのリーチを短くして時計方向を強化させた性能。1Bと違って近・中距離で接触させるので確反のリスクが増えてる。
・1A…基本的にGS派生は行わず下段意識させ兼バースト値削り。1Aに対して良い確反をもっていないキャラ・距離限定で使う。ホールド版は相手の反応力次第だが基本的には不要か。
・3B…リターン/リスクが悪いので不要な選択肢かもしれない。
・1B…受身可能技の起き攻め専用。後受身リスクを持たせられる。一応下段だし、後受身の後の距離ならまず確反は無い。
・wsBとトス…基本的にGSで接近してのトスとの二択用途。両方共ガードされれば確反でwsBはダウンにも当たらないし、トスのダウン引き起こしは発生すれば9F有利だが不確定な場合もあり、引き起こしが発生しなかったら攻めは終了してしまう。だがGSK[E]がある以上ダウンしっぱなしにはリスクがあり過ぎるので二択に付き合うことが殆ど。
・1K…削り技。
・2B+K[E]…高リターンの危険な技。ダウン状態ならダメージは無いがスタンしているのでナイトメア側の攻めが続く。近・中距離立ち状態で当たってしまうと3[B]>DHbAが繋がり大ダメージ。遠距離なら3B先端ヒットで小ダメージ。発生自体は遅いのでどれくらいこのモーションを覚えられるかが問題。距離が離れる技の後でも1ステップから接近して出せば良いので結構いろんな状況から狙っていける 
・66B…その場から最速で出すのとダッシュで接近してから出すのではかなり結果が異なる。横転・受身の結果も始動技によってバラバラで完全な対策には丸暗記が必要になる。一応は時計方向に強い、のだが状況によっては反時計方向もカバーする。ガードで大量のバースト値を削られるのでガードでは負け、なタイプの技。
・22B…実はかなり多くの選択肢に勝てる技。確反の無いキャラ・状況も多く起き攻めにおいてもっともリターン/リスクが良い技かもしれない。
・44B…受身不可技後の時計横転対策、といった技。22Bの劣化版だが確反持ちに対するリスクだけは減っている。万が一立ち状態で当たるとGSBに次ぐ大ダメージ。なお、66B・22B・44Bのバースト値は同じである。
☆受身の取れない技からの起き攻め
※略称解説
・ガード…起き上がってからガード以外の行動が取れない状態を示す。JGも不可。
インパクト…起き上がってからインパクトだけが間に合う状態を示す。JGは多分不可…、だろう。
・ジャンプ攻撃…一般的なジャンプステータス移行速度を持っている中段技で潰せることを示す。素ジャンプや攻撃判定発生速度重視でジャンプステータス移行速度が遅い技では割り込めない。ここら辺からJGが狙っていけなくもないが…。
・速いCEで割り込み…ピュラやラファエル等の発生の速いCEなら無敵時間を使って割り込める状態を示す。ナツAAやピュラfcA等近いフレームの技があってもリーチや姿勢状態によって出せない場合もこの扱いになる。そしてこの辺から対軸性能の無い技なら軸移動で回避できる様になるので意識しておく。
・nF割り込み…そのフレーム以内の技なら勝てる状態を示すがモーションでバラつきが発生しているので絶対では無い。割り込みの様なリスクのあることはせず見てからJG、というのが最終到達点なのだろうが果たしてそこまで行けるのかどうか…。なお、猶予関係の状態の不利加減はガード>インパクト>ジャンプ攻撃>速いCEで割り込み>nF割り込み、となる。
・横転と横受身…時計と反時計、両対応なことを示す。
・後転…4入力から即ガードボタン入力のこと。
・寝っぱなし…ダウンしてから何も操作をしないこと。一部の連携を回避できる。
・ステージ限…全般小ネタ参照のこと。
・キャラ限…全て調べてません、ごめんなさい。
※…起き攻めされる側の視点
★…ナイトメア側の視点