白と緑が好き

トロフィーをメインにフィギュア、アニメ、資産運用も少々なブログ

いつまでも、出ると思うな、負けハードにマルチ

10月終了。終わったね。はあ…
ネプ1が移植されなかった時点でこうなることは仕方なかったのだとは思う。けど、アガレストはシリーズものだし、なにより妙な程の海外で売れてます!アピールがあったからね。なんだかんだでフォローされるものと思ってた。ここで箱でのリリースを切るということは海外でもあんまり箱では売れてなかったということなのかね。けど、あっちのファンからしたら今までPS3と箱での同発だったのに2からは箱は無しです、ってちょっと納得いかないんじゃないの?まあこんなアレなゲームのファンなら日本の事情にも詳しいだろうし問題無いのか。こうなると箱でのIFの最終リリースは俺の嫁で終了か。俺の嫁は独占だったとはいえ昔のIF的なショボさが色濃く出てたゲームだったからなあ。見た目のクオリティが上昇してきたネプ1以降で切られるとか実にもったいないタイミングな様な気もする。
あと、PS4。本当に出せるの?出してくれるのならPS3を買うテンションが一気に溜まるんだが。もちろんPS3との互換は最重要課題だがこのさいこれについては目を瞑ってもいい。トロフィー情報さえ引き継げればかまわん。PS3ゲーはPS3、PS4ゲーはPS4、という面倒な状態になろうが我慢しますんで。とりあえずはVITAでトロフィー情報がどう扱われるかが試金石になるな。
で、次世代箱。ブラフ感の強いPS4に比べてこっちは確度の高い情報が出るのはいいことだけどいかんせん日本市場に対してやる気が無さ過ぎる。現状の日本市場向けソフト0本状態を継続するならもう箱はやめる。これまで育ててきたタグともおさらばですわ。つーか日本市場舐めんな。こちとら世界中で終わってしまったPSPが一国で生き残れる程の器量はあるっての。というかハードホルダーが二社もある国に他の国と同様な戦術でどうにかなると思うな。そりゃPS4が存在しなければ任天堂一極支配を否定したがる和メーカーが参入してくれるから次世代でもなんとかなったかもしれないけどPS4が存在する可能性が生まれた以上、もし発売されるとなれば旧箱以下の扱いにしかならんぞ。
そんな感じで箱に対する思いは冷え冷え。けどトロピコ4が2012/01/26に発売日が決まったんだよね。これは買いますわ。こういう感じの波長の合う洋ゲーが独占で安定供給されるなら次世代箱に和ゲーが無くてもセカンドハードとしてOKなんだけどね。けど、MSの大作には興味が無いし、サードの洋ゲーはまずマルチだしで自分的には存在価値を感じられないわけで。それとレインボーシックスの新作の情報も来たさ。これまでの流れ的にやっぱりPS3版が多少なりとも劣化すると思われるけどもうPS3版劣化!箱大勝利!で喜べる時期ではないのよ。ベガス1の時に劣化してない箱を選んで良かった、と感じられたのはその後にインアンが控えていた(この時点では発売日買いする気でした)からなんだよね。期待できる独占和ゲーが一つも無い現状では劣化?だからなに?としか。