白と緑が好き

トロフィーをメインにフィギュアの購入報告とアニメの視聴報告も少々なブログ

ナインティナインナイツⅡ -5 コンプ

終わった。残すはハードクリア実績のみとなったら少しダレた期間もあったけど最後は一気にクリアしてしまった。最難関と言われてるマグニ編は早目に終わらせたから余裕を持って終わらせることができた。それでは、コンプ後の感想箇条書き。
良かった
①防衛ミッションが緊迫感があって楽しい。初見では勝手がわからなくてゲームオーバー前提の難易度が嬉しい。流れを覚えたら全祭壇を守り通すことも容易になれて達成感がある。非常にいい感じなのでもう全ミッションが防衛ミッションだったいいのにってレベルの楽しさ。coopでもオン向けにアレンジされた防衛ミッションが遊べたら神ゲーは無理でも買っとけゲーにはなれた。
②処理落ち一切無し。このグラでどんなに負荷が掛かってもまったく動じないってのは正直驚き。
③キャラがくどくなくて良かった。無味乾燥とも言えるが子供っぽい主張をする様なキャラがいないのでうざさを感じることは無かった。
悪かった
①BGM。盛り上がる曲が一曲も無し。というか盛り上がる以前に眠くなる。1週目から躊躇無くカスタムサントラを使った和ゲーなんてこれが始めて。
②マップの使いまわし。これのせいで一見物凄い低予算&手抜きゲーに思える。特に序盤は進行ルートや敵配置まで同一なので印象最悪。中盤以降の使いまわしマップはそんなことはなく別物として認識できなくもないのだが序盤だけやって見切りをつける理由としては十分なマイナス点。
③育成&カスタマイズ。武器・アクセサリー共にレベルアップに必要な経験値が多すぎて使うものが限られカスタマイズを楽しめない。どちらも初期レベルでは使い物にならないからイージーであってもレベルアップは必須なバランスだし。
④coop。どんな糞ゲーでも協力プレイなら盛り上がれる…、そんな風に思っていた時期もありました…、な、レベル。特にメイズの苦痛っぷりは異常。
⑤キャラの個性の無さ。ザジ以外はステータスが違うだけで攻撃方法が全部同じってのはどうなのか。これでは一瞬で飽きるって。ただ、ザジのおもしろさは素晴らしい。通常攻撃&キャラクターアクション(ヒーローズストレングスは必須だが)、共に使えるので他のキャラみたいにスキル一辺倒にならずおもしろい。
⑥ストーリー。激薄。無いものとみるべき。
⑦スキルエフェクト。地味。もっと派手にして。それと完全に自分の趣味だけど技名は叫んで><
QTE。いつまで続けるのこの誰得システム。4箇所しか使用ポイントはないし難易度も低いから別にどうでもいいといえばどうでもいいが蛇足は蛇足だろうと。
⑨フリーズ。一部のマップ(自分はレフ編三面で多発)で敵出現イベントを即スキップすると暗転フリーズして一切の操作を受け付けなくなる。これが怖くてそれ以来即スキップが出来ずにテンポが悪くなった。
こんな感じか。もうやることが無いので再プレイすることはないでしょう。ではタユタマで実績ブーストしてきます。