白と緑が好き

トロフィーをメインにフィギュアの購入報告とアニメの視聴報告も少々なブログ

ソウルキャリバーⅣ-22 ひさしぶりにオンに戻ってきたらヤバイことになっているんですけど

ラスレムが終わりSO4も二週目は攻略本待ちの状況(アーツ埋めはやってますが)なため、以前言っていた新作パクリキャラを連れて恥ずかしながらも帰ってきたわけですが…、なんかオンの状況が危険すぎる状態になっていませんか!?大会常連のトッププレイヤー達と遭遇しまくりなんですが!晒しスレやしたらば大会サポートページで覚えた名前が多すぎなんですよ。そりゃもう旬をとうに過ぎたゲームですからね、未だにやっているのなんて相当の手練ばかりになってしまうのは自然の摂理なわけで…。なんというかここからが高品位対戦の始まりなのですか?って感じなのです。アンチヒーロー亡き後に静かに盛り上がるキャリバー界隈…、また本腰入れたくなってきたかも…。もっとも自分程度が本腰を入れたところで限界は見えているわけですが。ほんとコマンド入力精度のへっぽこっぷりはどうにかならんものかorz。
しかし再熱!なんてことを言ったところでやっぱり有名人と対戦するのは緊張してしまうわけで。自分から有名人部屋に入る時は覚悟してから入るからいいとしても自分の部屋に入ってきてくれた時はもう正直ガクブル状態なわけです。とにかく緊張に弱いんだねー自分は。それに自分のメインがソフィだから言い訳が一切出来ないのも辛い。全部自分の至らなさが敗因だとわかってしまうし。きっとソフィ使いが極小なのはこの言い訳不能キャラだというのが一番の原因だと思う。ほんと辛いんだ言い訳出来ないのは。それに加え本スレでのソフィ叩きは異常だし…、アレはいったいなんなんだろうね?なんかまるで毎日ソフィだらけの殺戮大会でも行われていたのかっていうレベルだし。PS3の方ではソフィ多いのかな?
で、肝心の対戦した人達…、いろいろいますがピックアップするなら例のヒルダの人です。って簡単に特定できるな…。感想としては凄まじく堅実な動きと距離調整の上手さに圧倒され10戦が精神力が保てる限界でした。せっかく11戦目もレディしてくれたのに逃げて申し訳なかった。ちなみに結果は2勝8敗。粘れた方か…。けどねえ、ステージを玉座一択にしていたからランダムだったらまず全敗していたんだろうなあ…。これからはやっぱり公式ルール(なのかは不明だけど)にのっとってランダムでやるべきなのかなあ…。
ガチな話ばかりではアレなので新作…、というか最終作になりそうだけど作ったパクリキャラ達を軽く紹介。
[アルカナハート]ペトラ…これでクラリーチェ・エルザ・ペトラの三人が集結!決まった!けどセルバンテススタイルなので実戦投入不可orz。新キャラ開拓はもういいかなと思っていたけどこればっかりは押さえておこうかな…。
[かんなぎ]ざんげ…原作なんて当然のごとく未見だけどシスターっぽい存在だから作ってみた!が、死ぬほど似てない。ブラッシュアップしたいけどパーツがどうしても思いつかない。ラファエルスタイルだから実戦投入可能だけどあまり人前に出せる出来ではないのが辛い。
[ゼロの使い魔]ルイズ…とりあえず釘ならこれなのかっていう感じ。釘出演作品に縁の無い外野の人間にはこのような安直な答えしか出せないのです。浅ましい物ですね。けど完成度は非常に良くエイミスタイルだから実戦投入も可能!だけどメジャーキャラ過ぎて出すのが少し恥ずかしいかも…。