白と緑が好き

トロフィーをメインにフィギュアの購入報告とアニメの視聴報告も少々なブログ

アシュロットでSC4始まったな、そして今回のDLC商法を妄想してみる

これは一軍キャラとして使わざるを得ない。こういうキャラを待っていたのだな。露出度低めのガチガチなゴスロリ系(金属パーツの配置にほのかなギルティ臭が…あ、全身が金属だったw)を着こなしながら得物は重量系、しかも本人も199kgの超重量系にて内部構造の歯車が透けているシースルー構造とは…。もはやソフィー超え(何を超えてるんだ)もありうるか?キャラデザは大暮維人か。今まで名前しか聞いたことがなかったがなかなか良い絵柄ですな。ちょっとチェックしておこう。
もう一人の名前は…修羅?なんか投げやりな名前だな。デザインも多喜と雪華の別コスにも見えてしまうような被りっぷりなのでなんか地味な感じ。特に使う気にはなれないなあ。あ、キャラ紹介に「Tバック」という文字が出てたのには吹いたw。そのものズバリ言うなw。
にしてもアシュロットがアリならもうモッコス本体を出してもいいんじゃないの?格闘系の兵装は揃っているんだから射撃系のには少し自重してもらえれば全然バランス取れると思うし。ここまでカオス度が高まった状態ならキャラクリパーツ止まりではもったいないと思われ。無限のフロンティアなんかに出てる場合じゃないぞ、と。もし参戦するとなればどのバージョンでなのだろうか?やはり安定の1か?それとも最新の4か?3は前座感が強く地味なのでまず無いか?。ここは伝説の2だ!更にデフォコスは2のみで他は有料DLCなんてことになったらネタ的に神だwww…orz。
こうも世界観ブレイカーなゲストキャラの参戦が相次ぐと今回のDLC商法は新キャラ販売なのかと思えてくる。今までの結果を見てみると
アイマス…成功。価格的には最も問題があるがゲーム本編には何の影響もないしなにより外野が突っ込むべきことではないwww。
塊魂…失敗。完全な二重料金商法。実績厨的にも最悪、というか氏ね。
・AC6…微妙。追加機体・カラーはお布施要素。追加マップ・モード系は普通(より少し高め?)。ただゲーム本編も微妙なのが…。
な感じに自分からは見えるがもしこの中にキャリバーが入るなら成功の部類には入るのではないか。完全な新キャラのみ(多分既存キャラの新コスも入るだろうと思うが、こちらは割安で)の配信なら単に自分の好きなキャラだけを買えば良いだけなので最大の失敗である塊魂の「買わないとゲームにならん(実績的に)」状態には陥りにくいと思う。要はゲームの土台をしっかり作りこめればAC6以下に落ちることはないわけで。けどこれが一番難しいかもorz。ただコスト面での心配はかなりある。今までの様に外部デザイナーに外注を繰り返していたらそれだけで凄い額になりそうだ。となると自社キャラを使って外注費を節約するのもやむなしか。だが自社キャラメインだと派手さが失われて発売後の注目度(これ重要)も減るし、バランスが重要か。
一番の疑問点はこのゲストキャラ達を海外ユーザーが望んでいるのかどうかなんだよなあ。こんなオタ系デザイナーのキャラを喜んでくれるOTAKUがどれだけいるのか…。あっちの一般層(日本に興味の無いゲーマーさん達のこと。任天堂系の真の一般層ではないです。)はSWキャラで既に釣れてるから販売数的には問題無しに思えるがその人達がDLCを買ってくれるかどうか。こうなったら2のスポーンみたいにアメコミ系キャラまで参戦させるか?しかしバンナムにそこまでの交渉力があるのかが疑問。なによりこのプロジェクトをそこまで肥大化させてしまっていいのかも疑問。
そう肥大化、肥大化なのですよ。キャリバー4の金の掛かり方は異常に思える。国内では既に斜陽化済みの3D格ゲーの中でも一軍の鉄拳・バーチャに劣る二軍に位置してるのにSWキャラまで買い付けてくるという異常っぷり。これは2の栄光再びを本気で狙っているとしか思えない。3で大きく落ち込んだ売り上げをなんとか回復させたいのだろうがHDゲーでは日本勢は完全に主導権を失っているからなあ、無理なんじゃないかと。けれど数少ない日本人HD機ユーザーとしてはこのチャレンジを応援しますよ。せめてDOAシリーズ位の売り上げが見込めるといいですね。って志が低すぎるかな?